ご本尊 八大龍王尊

 八大龍王尊、別名を特命全権王と申し日本国中、山・谷々に 愼座まします諸天善神に 一切の名令を出す王なのです。 又「仏教の祖」釈尊とは特にご縁が深く、お釈迦様が4月8日 無憂樹の下でマヤ夫人 の右の脇からお生まれになったとき、 八大龍王尊の代表的な御着属のナンダ、ラパナンダ龍王が、 温かいお湯と冷たい水を口から注いで釈迦の身を清めた。 「一温一涼 権太子身」つまり、お釈迦様の産湯に立ち会った のが八大龍王尊であり、 その他一切の龍王、神々、甘露の水 を注ぎ祝ったそれが地上に舞い降りた時、花びらと なって降り、 その由来にて4月8日釈迦誕生会を花供(花まつり)というのです。 その後、お釈迦様が創られた「仏教」の守り本尊が八大龍王尊 なのであります。

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright (C) 2012 生駒山上白水山龍光寺 All Rights Reserved.